芸能人の話題、エンタメよりも最近は雑学なんかが主流になってます。

芸能エンタメニュース

おもしろ雑学

眠れない人に すぐに寝られる7つの方法

投稿日:2012年11月15日 更新日:

眠れない人に すぐに寝られる7つの方法
「さあ、寝るか」と布団に入ったものの、

「・・・・」

「眠れない!!」

こんなことありませんか?
そうなると、よけい眠れない。いろんなことが頭から離れなくなる。

今考えなくて良いことを考えちゃったりしちゃって。ぜんぜん眠たくない。

でも寝ないと明日やばい!!

そんなあなたに眠れる方法をご紹介します。

私も眠れないと、眠れないことに執着しちゃって、なんか興奮しちゃって、やなこと考えちゃって1人でハラたって、また寝られないっていう最悪のサイクルに入ったりすることもあります。

眠れる効果のある方法を7つ紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね^^

・ラベンダーの香りを嗅ぐ。
ハーブのことに詳しい友達に教えてもらった方法です。
アロマテラピーグッズなどにラベンダーの香りをセットすると、神経を落ち着かせる効果のおかげで、寝やすくなります。

・暖かい牛乳を飲む。
体が温まると眠りやすくなる効果を狙ったのか、よく飲んでました。
最近はトイレがすごい近くなるので、やめています笑

・足元を温める。
まず布団に入ると、布団が冷たいがばっかりに、目がさえちゃったりしませんか?
足も冷たいからこすり合わせて、温めたり汗
それよりも湯たんぽなど入れるとか、寝る前に足浴をして足を温めてぽかぽかすると効果的です。
お布団が「ぬくぬく~」だとそれだけで幸せですよね。

・パソコン、スマホ、テレビなどをギリギリまでみない。
パソコンなどを使ってると神経がいつまでも休まらないので、いざ寝ようとなると、なかなか神経が休まってくれません。
寝る1時間からは、パソコンなど使うのをやめて、ストレッチするとか、ハーブティー飲むとか、リラックスする習慣をつけるとすっきり寝入れます。

<スポンサーリンク>

・日中、日を浴びる。
体内時計が狂っていませんか?
人間やっぱり日を浴びるのがいいんですよ。
朝はちゃんとカーテンを開けて、朝の日光を浴びる。
雨の日でもちゃんと光がでてるそうなので、1~2時間は外に出て、日光を浴びるのがぐっすり眠れるのには良いんだそう。
夜勤の人とか、日光を浴びるのが難しい人には、日光を同じ効果の光が出る目覚ましがあるそうですよ。

これうつ対策にもいいんですって↓


・「100、99、98、97、・・・」と頭の中で数える
これも、かなり効果があります。
余計なことを考えないですむからか、いつのまにか寝ています。
声は出さないで、頭のなかで数えます。ゆっくり数えるのがコツ。
ちなみに、「羊は1匹・・・」はぜんぜん効果がありませんでした笑

・こうなったらいいな~と幸せなことを想像する。
自分の夢とか、理想の生活とかを想像します。
想像してると、楽しくなって、もっと考えていたいのにいつの間にか寝てしまっています^^
悪いこと考えてると神経が高ぶって寝られないんですけど、幸せなこととか、考えてると気分が良くなって眠れますね。

脳みそが寝てる間に、記憶の整理をするっていうし、
お肌の回復も寝てる間にするっていうので、自分のためにしあわせ~な睡眠を^^

ad

ad

<スポンサーリンク>

-おもしろ雑学

Copyright© 芸能エンタメニュース , 2017 AllRights Reserved.