芸能人の話題、エンタメよりも最近は雑学なんかが主流になってます。

芸能エンタメニュース

おもしろ雑学

風の谷のナウシカがさらに面白くなる都市伝説

投稿日:2012年12月10日 更新日:


映画「風の谷のナウシカ」がまたさらにおもしろくなる話。

この話が生まれた背景や、嘘か本当かわからない都市伝説もご紹介します。
(あ、庵野監督のくだりなどエピソードも含めてます。笑)

ナウシカが胸が大きいのにも、実は理由があるんですよ~。

★テレビでジブリが放映された翌週の株価が下落する。
→名前もある、「ジブリの法則」笑

★1984年(映画公開と同じ年)に「風の谷のナウシカ」のゲームが発売されていた。
タイトルは「忘れじのナウシカ・ゲーム」

ガンシップに乗り敵や蟲を倒していくゲームなんですが、
宮崎駿が激怒して、ゲームの発売が中止になりました。
↓ちなみにこれは動画。

★風の谷のナウシカは火星文明時代をモデルにした作品だった!?
メーヴェという乗り物や風使いという言葉、火星のように重力が軽い世界だからこそあの乗り物で飛べるという説あり。
火星には強い風が吹いているという話もあります。

★巨神兵はかつての火星人類の最終核兵器だった!?
火星には、かつて生物が存在していたと思われる痕跡がたくさん残っていると言われており、
NASAの発表した火星の写真には、地表に水路の跡があったり、何かの人工建造物の跡、巨大生物のような化石のようなものまである。

火星にはかつて私たちの祖先となる人類が住んでいたが、最終戦争によって火星の砂漠化が進み、すべて滅亡したという説がある。
巨大生物=オーム、砂漠化=腐海化と考えると、とてもナウシカの世界観と似ているといえる。
(火星は本当は緑の茂った星なのに、NASAが赤いフィルターをつけて、赤い星に見せているっていう都市伝説がありました・・・^^;)

★ナウシカがお尻丸出しのシーンがある??
最初の方のシーンで、ナウシカが飛んでる姿を後ろから描いた場面があって、
小さい頃は「おしりでてる!!」とかなり衝撃で、家族と見るのが嫌な時期がありました笑
でもよくみるとあれは、タイツみたいなのをはいてますね。ズボンのように皺が入るときがあります。(安心)

★ナウシカとクシャナは姉妹??
ナウシカをローマ字でかくと「Nausicaa」これをアナグラムで組みかえると「Cusianaa」になります。
つまり「クシャナ」と「ナウシカ」は姉妹であった。

★オームの声は布袋寅泰のギター。
「久石譲さんに呼ばれてギターで泣いてくれと頼まれました。ずいぶん昔の話です」
ツイッターでつぶやいて話題に。

★風の谷ナウシカのモデルがあった。
フランスの漫画家メビウスの『アルザック』(1975年)に強い影響を受けている。
宮崎自身メビウスと対談した際に「『ナウシカ』という作品は、明らかにメビウスに影響されつくられたものです」と語っています。

他にも影響を受けた漫画家は多く、大友克洋などもその一人なんだとか。

実際の絵をみても・・・・似てる。
(風の谷のナウシカの原作を比べるとかなり似てます)
アルザック
アルザック
アルザック

<スポンサーリンク>

ちなみに、風の谷のナウシカにはもともと漫画があります。(全7巻)
映画は2巻までの部分をまとめたものです。
実際の漫画のナウシカは映画よりも残酷で、ふかーい話です。(もちろん映画も深いですけど!)
好みが分かれると思います。

私のように簡単明快でハッピーエンドが好きな方は映画がいいと思います。
男性は漫画の方が好きな方が多いのではないでしょうか(なんとなく)

★あの歌を歌っているのはあの人の娘
オームとナウシカのクライマックスのシーンで流れる「らん、らんらら らんらんらん♪」
あの歌のタイトルは「遠い日々」で、歌っているのは作曲した久石譲さんの娘、麻衣さん(当時4歳)。
→あの歌聴くと涙出るんですよね。素朴な感じがまたたまらない。

★巨神兵のモデルは庵野秀明の姿がモデル。
ナウシカの映画製作当時に精神を病み夜な夜な奇声を発しながら深夜徘徊を繰り返していたんだとか。
こわい・・。

オープニングのユラユラ歩いてくる巨神兵の動きは当時の庵野そのものだそう。

★ナウシカの胸が大きい理由は母性を現しているから。
あるインタビューからの引用です。

――ナウシカという少女は、実に魅力的ですよね。
宮崎「ナウシカの胸は大きいでしょう。」

――はい(笑)。
宮崎「あれは自分の子どもに乳を飲ませるだけじゃなくてね、好きな男を抱くためじゃなくてね。
あそこにいる城オジやお婆さんたちが死んでいくときにね、抱きとめてあげるためのね、
そういう胸なんじゃないかと思ってるんです。 だから、でかくなくちゃいけないんですよ」

――ああ………なるほど…(衝撃!)。
宮崎 「その、やっぱりね、胸に抱きしめてあげたときにね、なんか、安心して死ねる、そういう胸じゃなきゃいけないと思ってるんですよ」

――よくわかりました。
(ロマンアルバム「風の谷のナウシカ」収録インタビューより)

→単に宮崎駿さんが巨乳好きなんだと思ってたんですけど、意味があったんですね。

★原画として参加した庵野秀明は、
登場人物クシャナを主人公にした外伝映画『クシャナ戦記』の監督をしたいと申し出るが、
宮崎駿が「最低のものになる、できるものなら自分でやっている」と却下。
→気持ち良い位に否定されましたね。

★宮崎駿さんは風の谷のイメージを「中央アジアの乾燥地帯なんです」と発言し、
腐海のモデルはウクライナ、クリミア半島のシュワージュとしている。

中央アジアの乾燥地帯
中央アジアの乾燥地帯

ウクライナ、クリミア半島のシュワージュ
クリミア半島のシュワージュ

ということで、人気の映画とあっていろんな都市伝説がありますね。

こういう都市伝説を知ってからまたみるとまだ違った感じに見えてくるかもしれませんね。
あ~日本人に生まれてよかった(∩´∀`)∩

以上、風の谷のナウシカがさらに面白くなる都市伝説でした。

ad

ad

<スポンサーリンク>

-おもしろ雑学

Copyright© 芸能エンタメニュース , 2017 AllRights Reserved.