芸能人の話題、エンタメよりも最近は雑学なんかが主流になってます。

芸能エンタメニュース

おもしろ雑学

バレンタインデーという都市伝説について&変わったチョコ

投稿日:


世間では都市伝説とよばれる
「本当なのか嘘なのか、世間で広まっている噂」がいろいろと蔓延していますが、

そのなかでも
バレンタインデーという
「2月14日に女性が好きな男性にチョコレートを上げる」という都市伝説が
存在することがわかりました。

原因は、実際にもらったことない人が多発しているため

「これはただの都市伝説なのではないか??」

「そういうことにしようヽ(・∀・)ノ」

と、たんなる都市伝説として納めておきたい男性たちの寂しい心情が伺えます。

今回はそのバレンタインデーという都市伝説について、
それからそのバレンタインデーのために買われるであろう「変わったチョコ」についてご紹介します。

★バレンタインデーの起源
3世紀にローマに実在したバレンタイン司祭。
当時、若い兵士たちは士気が下がるために結婚が許されなかった。
しかし、バレンタイン司祭は秘密で結婚を許していた。
それがばれてしまい、2月14日に処刑されてします。
以降、ローマカトリック教会では2月14日を祭日とするように。

★日本でどうしてバレンタインの習慣ができたのか。
クリスマスやハロウィンと同様、
企業側の策略でございます。

1936年に最初に神戸モロゾフがチョコレートを贈るように始め、
1960年 森永製菓が大々的に宣伝しだして定着。
ちなみに、年間のチョコレート消費量の約2割はこの日に消費されるんだとか。

★北米のバレンタインデーはどうなの?
男性から女性にプレゼントを贈る傾向が強いんだとか。
チョコレートよりも、花とカードを贈るのが定番。
恋人同士や夫婦や家族などが贈り合い「感謝」の意味合いが強く、
日本のように、愛の告白という目的で贈る習慣はない。

★最近では、「好きな人へ」よりも「友チョコ」
以前は「告白のきっかけ」としてバレンタインを利用する人が多かったのですが、
最近ではそういう傾向ではなく、
実際に告白する女性も減ってきているそうです。
それよりも、同性の友達に「友チョコ」を贈ることが
最近多くなってきています。

<スポンサーリンク>

変わったチョコ

★歯医者さんが作ったチョコレート
キシリトール100%のチョコレートです。
ちなみにこれを溶かして手作りチョコも作っても成分は変わらないそうです。
虫歯が心配な人にお勧めです。

★カブトムシ幼虫チョコ
見た目・・閲覧注意かも^^;;
秋田県の小松屋本店のカブトムシ幼虫チョコです。
バレンタインバージョンがでたそうで
下の写真がそうです。
「カブトムシケーキ ラブリーパック」
カブトムシケーキ ラブリーパック
数量限定だそうです。

これは幼虫たちだけのカット笑
カブト虫の幼虫ちょこ
直径 約4.5cm 高さ 約1.5cmの大きさで、1個220円です。

★工具チョコレート!新作カーマニアV5
有名ですね。数量限定だそうです。
新作カーマニアV5

★発掘チョコレート
恐竜の化石(チョコ)を発掘を楽しめるチョコ。
道具もちゃんとついてきます。
パッケージも凝ってます。
発掘チョコレート

★毒薬??チョコレート
駄菓子屋「「となりのみよちゃん」で
売られている毒薬・秘薬チョコ。
中身はヘンテツもないマーブルチョコです。
パッケージが変わってて面白いです。
毒薬・秘薬チョコ

ad

ad

<スポンサーリンク>

-おもしろ雑学

Copyright© 芸能エンタメニュース , 2017 AllRights Reserved.