芸能人の話題、エンタメよりも最近は雑学なんかが主流になってます。

芸能エンタメニュース

未分類

行ってみたい!ラピュタの舞台は実際にあった。

投稿日:

私も大好きなジブリの映画。
その中でも「ラピュタ」はとても印象的です。
そんな「ラピュタ」の舞台が実際に存在してるってことなんですよ。

興味しんしーんです^^

ラピュタの舞台のモデルになったといわれている場所を二つご紹介しますね。

まず最初のモデルは、ジブリの公式サイトで発表されているのですが、

イギリス・ウェールズ地方です。
昔から歴史を感じさせる町並みです。本当に素敵ですね。
イギリス・ウェールズ地方

英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の一国で、英国内の西に位置するカーディフ(Wales)を首都とする人口300万人が暮らしています。
北ウェールズ・中部ウェールズ・南ウェールズの三つの地域に大別され、ケルト文化が色濃く残る英国の中の「異国」だそう。
英国

また、ウェールズ語は英語と並んで公用語とされていて、交通標識も英語とウェール語が併記されています。
北の地方で、ウェールズ語を話している人が多く、家庭の中ではウェールズ語で、小学校に入ると英語を習うんだそうです。
現在はだんだんとウェールズ語を話す人が減ってきてるとか。

<スポンサーリンク>

南ウェールズは全ウェールズの人口の70%が集中する政治、経済の中心地で、首都はカーディフです。

ここは、パズーがシータを救い出したあのお城です。
巨神兵が復活した場所ですね。(あの戦闘シーンの音楽が頭に流れています笑)

カーナーヴォン城
カーナーヴォン城はチャールズ皇太子が戴冠式を行った場所です。
建造は1283年で、現在は外壁しか残っていません。

これは!!シータが呪文を唱えたために復活した巨神兵がシータを助けるために上がってくる塔の内部!!(あの橋とけちゃうんですよね・・・)
カーナーヴォン城

築700年経ってる、本当に歴史ある建物です。
このお城みてると、頭の中でラピュタがとまんなくなりました。
カーナーヴォン城

ちなみにウェールズ地方出身の有名人はたくさんいるんですけど、私が知ってる人では

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ – 女優
アンソニー・ホプキンス – 俳優

ですね。二人とも素朴な地方で育ったのに、なんだかワイルドな人たちですね。

次に、パズーの故郷、スラッグ渓谷のモデルとなった南ウェールズ。
トランペットと、鳩。あと、鳩のえさが本当においしそうでした笑
南ウェールズ

ウェールズの大部分の土壌は、農作に向いておらず、農業の中心は牧畜です。
観光は田園地域の経済において特に重要な位置づけであり、3箇所が国立公園として保護されているんだとか。観光いいですね。

シータが空から降ってくる場面。想像してください。想像してください笑
炭鉱跡

それがこの炭鉱跡。本当にかなりモデルにされてたんですね。
そういえば、親方に買ってきた肉団子おいしそうだったなー(って食べ物のことばっかり)

そして、次にご紹介するのは、空に浮かんだラピュタ城のモデルになったであろう遺跡です。
ちなみにここは公式にはモデルになったといわれていません。

あくまでもうわさなんですけど、似てます!

カンボジアにあるベンメリア遺跡です。
ベンメリア遺跡

この感じたまりませんねー。
ベンメリア遺跡

今日またラピュタ観たくなりませんでした??

ad

ad

<スポンサーリンク>

-未分類

Copyright© 芸能エンタメニュース , 2017 AllRights Reserved.